ちょっと前になりますが、春休みに、
宗像方面へドライブした際に、
正助ふるさと村へ立ち寄りました。

正助ふるさと村は、
宗像市の武丸というところにあるのですが、
近くには、日本赤十字九州国際看護大学や、
グローバルアリーナなどもあります。

この日、私たち家族が楽しみにしていたのは、
ここにある正助茶屋のランチバイキングを食べること。

正助茶屋

正助ふるさと村で作られている米麹
ここで採れた材料を作って作られた
地産地消のソフトクリームなどを、
道の駅などの農産物直売所でよく買い求めていたのですが、
本家本元の正助ふるさと村へ立ち寄ったのは初めてでした!

正助ふるさと村は、8000平方メートルの広い敷地に
市民農園田植え、収穫体験などが出来る施設があり、
そば打ちピザ作りガーデニングなどなど、
様々な田園生活が体験できるようになっています。

正助村看板
盛りだくさんの農作業や自然体験が出来るんですね〜。

下は、円形広場横にあったピザ釜

正助村ピザ釜

これらの体験学習は要予約のものが多いので、
今回は、季節の花を楽しみ、広い園内を散策して、
ランチバイキングを楽しむ為に来訪しました^^

消費税が上がった後に行きましたので、
正助茶屋のバイキングのお値段は、

大人一人1300円
小学生以下850円
幼児400円
3歳以下は無料

となっていました。
(上記のお値段に消費税が別途かかります)

食事は、旬の野菜料理が品数多く揃っていて、
タンパク質のメニューも、
お刺身(ゴマサバなど)や、から揚げ、豚カツなどなど
十分満足できる内容でした。

ご飯類も、炊き込みご飯にカレーライスなどもありましたよ。

正助村ランチバイキング

そして、一人一人、ざるうどんかざるそばを選べて、
席まで運んでくれたのは、かなりポイント高かったです。
(写真を撮っておくべきだった~!)。

勿論、フリードリンクで、コーヒー、紅茶、
黒豆茶やほうじ茶などのブレンド茶、
子供用にはオレンジやリンゴなどのジュースが飲み放題。

デザートも、あんみつやフルーツ、
ミニケーキやミニドーナツ、プリンにパンケーキなどなど。
和菓子も、ぜんざいや水ようかんなどあり、
スイーツの種類も豊富で、全部食べると胃もたれしそうなほど。

この内容なら、お値段の元は取れるのではないかな。
メニューもどれも美味しく、
子供達も、本当に喜んでいました^^

たっぷり食べましたので、その後は、
広い園内を、季節の花を楽しみながら散策しました。
ちょうど、花祭りがあっていた時期で、
桜や桃に菜の花が野道を彩り、花壇には、園芸種の花々も咲き誇っていて、
本当に美しい田園風景でした。

正助村花畑

周囲の田園風景、四季の花、色とりどりで、
本当にのどかで、綺麗でしょう〜?

庄助村菜の花チチューリップ

もやいの家という研修施設の一階では、
農産物などお土産も買えますよ。

正助村もやいの家

そうそう、この正助ふるさと村では、連休前の日曜日、4月27日に、
牛喰い祭りというイベントが行われるそうです。

この牛喰い祭りでは、宗像市のすすき牧場産の
高級むなかた牛が、 ワンコインなどお買得のお値段で販売されたり、
ステージイベントなどがあったりと、
楽しみにしている方も多いようです。

ちょうど藤の花が綺麗な季節でしょうから、
お肉好きの方は、花も団子も楽しめそうですね^^

 

スポンサーリンク


みなさん、どこに出かけているのか、人気ブログランキングで
↓チェックしてみましょう。