武雄と言えば、やはり温泉

宿泊するならばもちろんのこと、
日帰りでも温泉にはぜひ立ち寄りたい。

泉質としては美人湯で名高い嬉野温泉
かなり心惹かれたのですが、
連休直前に旅館、ホテルを探しても、
家族みなで泊まれるところは殆ど空いていないか
ちょっと高級すぎて手が出ないか・・・。

しかし、武雄温泉も伊達政宗や宮本武蔵ら武士たち、
シーボルトなどの偉人たちも入浴したと言われる
1300年以上の歴史を誇る古湯だと知り
観光名所も多い武雄で一泊することにしました♪

有名な御船山観光ホテルや歴史ある春慶屋、
なかます旅館など武雄温泉中心地の人気お宿は
直前過ぎて予約が取れませんでしたが


後ろに見えるは武雄温泉楼門。

武雄温泉駅や市の中心地から少し離れた
森のリゾートホテルに部屋の空きがありましたので
こちらでお世話になりました。

ここのホテル、武雄市中心街から離れ、
車がないとややアクセスが不便かもしれませんが
池の内池という大きな湖に面した立地で、
佐賀県立宇宙科学館も徒歩数分と近く、
ホテルの目の前に広がる湖ではボート漕ぎも出来て
ファミリーには良いのではないかなと思いました^^

露天風呂も大浴場も気持ちよかったです。

ホテルに着く前に、武雄の有名な温泉街も
勿論観光しました。

下の写真が温泉街の入口に立つ武雄温泉楼門

この朱塗りの楼門は、東京駅を設計した辰野金吾の設計で
釘を一本も使用していない建築物とのこと。
国の重要文化財にも指定されており、
武雄のシンボル的な建物なので一見の価値ありです。
まるで竜宮城のような雰囲気でした。

この楼門をくぐると、武雄温泉新館があり、
こちらも国の重要文化財となっています。

新館の中は、現在資料館と土産物屋になっていて見学は無料。
一階には昔のお風呂(五銭湯)などもあり、天井が八角形だったりで
面白かった。

新館二階は、長廊下と広~いお座敷。

湯上りにこのお座敷で休憩したのでしょうか?

これら資料館以外にも、このレトロな楼門敷地内には
現在も利用できる公衆浴場が三か所あり、
日帰りでリーズナブルなお値段で入れることもあって
訪れる客が多く人気のようです。

露天風呂とサウナ付きの鷺の湯(さぎのゆ)
大人600円、子ども300円で入れ、

素泊まりできる施設・楼門亭がすぐ後ろに付随していて
大人一泊4500円~と格安なので早めの予約が必要なようです。

他にも、内湯のみのシンプルな蓬莱湯(ほうらいゆ)
天井が高くレトロな情緒が漂う元湯(もとゆ)は、
どちらも大人400円、子ども200円のお値段で
本格的な温泉体験が出来ますので
旅の疲れを癒すのにもお勧めですね!

リーズナブルと言えば、ランチに立ち寄った
めん勝 武雄店は、セルフサービス方式なのでお値段も安く
麺類のトッピングやメニューが自由に組み合わせられて
味もなかなか美味しく、家族みなそれぞれ満足でしたよ。


写真がボケていてスミマセン(^_^;)
かけうどん230円、てんぷらなどのトッピングも100円程度、
おにぎりなども数種類あり麺嫌いの子でも大丈夫♪


武雄温泉 楼門
〒843-0022 武雄市武雄町武雄7425番地
TEL:0954-23-2001


めん勝 武雄店
〒843-0022 佐賀県武雄市武雄町大字武雄5620-1
TEL:0954-23-9866

スポンサーリンク


みなさん、どこに出かけているのか、人気ブログランキングで
↓チェックしてみましょう。