梅雨入り宣言が早かったかな?というほど
雨の降らない福岡。

早いもので、もう紫陽花の季節。
綺麗に咲いていて癒されます。

仕事が忙しく5月はブログ更新できなかったのですが、
連休に武雄の御船山つつじを見に行き、
温泉に入り、念願の佐賀県立宇宙科学館
武雄市図書館も見学してきましたので
備忘録としてアップしておきます♪

もはや、つつじではなく紫陽花の季節ですが(^_^;)

5月連休中のおでかけでしたので、
混雑を予想して、自宅を6時台に出ました。

前日に用意しておいた飲み物やパン、おにぎりを
車中で頬ばりながら九州自動車道へと。

この時間だと高速もすいすいで♪
目的地の佐賀・武雄温泉に最も近い
武雄北方インターへ8時には到着。

ツツジが満開で見ごろの時期は
とても込み合うと評判の御船山楽園へとまず向かい、
こちらも開園時刻を過ぎたくらいに
到着できましたので、

駐車場もガラガラでした。

奥に見えるのが入口ですがこんなに近いところでも車が
殆ど停まってなくてラッキーでした♪

御船山楽園無料駐車場150台ほどしか停められないので、
満車の場合は、少し離れた臨時駐車場からシャトルバス、
あるいは市内で別に探して、そこからタクシーなどを
利用するしかなかったでしょうから、
本当に頑張って早起きしてきて良かった^^

御船山楽園は、つつじと秋の紅葉でとても有名ですが
私たちが訪れた5月初旬は春の『花まつり』が終わる頃で、

つつじの満開時期は4月下旬だったようで
ほんの少しだけ遅かったよう。

写真手前の方などは、たった数日違いで花が終わってました( ⇓ )

正面から山を見た感じ。

この辺りがベストスポットかな。


4月下旬ならば手前の方のツツジも満開だったことでしょう。

でも、見慣れない珍しいつつじも咲いていて、

初夏の朝の山の空気は清々しく、
池の周囲を散策したり、

つつじ藤の花も堪能できて、

朝一番に御船山を訪れて大満足でした!

1300年前に名僧行基が羅漢像五百体を彫リ
洞窟に安置したと伝えられている五百羅漢

氏神様を祭っている祠でしょうか?

花以外にも、清々しい気持ちにしてくれた
朝の御船山でした。

次回は、秋の紅葉の季節に
ぜひまた訪れてみたいと思いました。

スポンサーリンク


みなさん、どこに出かけているのか、人気ブログランキングで
↓チェックしてみましょう。