大地震が起きた熊本県は、
農業、畜産業が盛んな九州の台所。

我が家が常食している牛乳やヨーグルト、
ハム、ソーセージ、トマトやゴボウなどの野菜も
かなりの食べ物が熊本産でした。

丹精込めて作られた農産物が収穫直前でダメになり
牛乳が廃棄されている様子を映像で見て、
どんなに悔しく辛いことだろうと、
胸がつぶれそうでした。

少しづつ、今出来ることをしようと、
自宅で買い置いていたトイレットペーパーや
未使用のタオル類を市指定の場所へ届けたり、
余っている衣類を必要な人に渡しながら、
こんな小さなことしかできないけれど、それでも、
折に触れ出来ることをしていこうと
家族で話し合いました。

一つ一つは小さなサポートでも、気持ちでも、
たくさん集まれば、大きな力になるかもと信じて…。

私達は熊本にも知り合いやつてがあり近いので、
救援物資にしても、義援金にしても、
確実に届けて貰える機関が身近にありますが、
先日、関東や東北の知り合いから、
義援金を届けたいが、日赤以外に思い浮かばず
いったいどこへ?と質問されました。

日本中の優しい気持ちが、
早く、確実に、そして末永く被災地へ届けられるよう
意識的に過ごしていきたいと思います。

衣、食、住、全てが、
一刻も早く心配のない状態になるよう、
行政も力を尽くして欲しいと切に思います。

持病をお持ちの方や、子供たちがとりわけ心配です…。

余震が収まる気配が見えず、
ブログもなかなか書く気になれないのですが、
再び、大好きな熊本・大分地方を子供達と訪れる日を願って、
次回からは、春に行ったスポットの記録を
少しずつアップしようかと思っています。

スポンサーリンク


みなさん、どこに出かけているのか、人気ブログランキングで
↓チェックしてみましょう。