夏休みが終わりましたね〜。

親としては、ホッとする半面、
夏休みの終わりというのは、祭りの後のような、
若干の寂しさも感じたり。。。
お盆が過ぎると、なんとなく、物悲しくなるんですよねぇ(笑)

大人になっても、いつまでも、子供気分って抜けませんね^^;

そんなこんなで、大人の方も、時間が取れた時は、
目いっぱい子供と一緒に遊ぶようにしていましたので、
休み期間は、なかなか、ブログが更新できず、、、

そんなわけで、もうちょっと前になるんですが、夏休み終盤の日曜日、
8月24日に、新宮海岸で、しんぐう砂の芸術祭 第一回目が開かれるということで、
買い物ついでに、立ち寄ってきていました。

新宮砂の芸術祭ちらし_400

偶然目に留まったチラシ(⇧)によりますと、

場所は、海水浴場としても人気の新宮海岸
入場料無料で、
伝説の砂像彫刻家が作る芸術作品を大公開、
その他にも景品がもらえる砂浜宝探しや、
巨大ボールの中に入ってタイムアタックを行う超巨大コロコロボールなど、
大人から子供まで楽しめるイベント盛りだくさん、とのこと♪

駐車場は、ここ数年大人気で、売り出したら即完売と言う住宅地、
杜の宮(もりのみや)グラウンド
西鉄新宮駅にも近いところに、停めさせて頂きました。

そして、西鉄新宮駅横の松林から海岸に抜ける道を、
いざ会場の新宮海岸まで、てくてくと歩いて行ったのですが、

新宮海岸への道_400

途中、新宮神社などもあり、蝉時雨が心地よかったです。

新宮神社_400

新宮神社鳥居_400

新宮町は古くからのスポットと、新興の住宅地やショッピングセンターが
混在している町なんだなぁと感じました。

この日は、あいにくの空模様で、午前中は雨が降っていたんです。
そこで、実行委員会のfacebookで、予定通り開催されていることを確認した上で
午後から出かけて行ったもので、抽選会などのイベントは、
ほぼ終わりかけており、かき氷などのお店も、閉店間際でした。
砂の芸術祭自体が、午後3時までの予定だったんですねぇ。

我が家は、2時過ぎに到着しましたので、
ゲームやイベントなどには参加しなかったのですが、
子供たちは、海岸を見て大はしゃぎ。

新宮海水浴場_400
遠くに見えるは相島(あいのしま)。新宮海水浴場は、
防波堤で遊泳区間が区切られたようになっているのも泳ぎやすそうですね。

水着も持って行っていないのに、あれよあれよと言う間に、
海の中へじゃぶじゃぶと入り、海の中に寝っ転がったりで、
水遊びを楽しみすぎて、予定していた新宮での買い物はせずに、
帰りは、家に直行でしたよ^^;

コロコロボールとやらも、最後は、海の中まで入っていってて、
水が中に入らないのかな(笑)?!

新宮砂の芸術祭コロコロボール_400

そんな子供たちの喜ぶキャラクターを模った砂のオブジェが、
海岸には沢山出来ていて、ところどころ雨で崩れてはいたんですけど、
うまく作るもんだなぁと感心することしきり!

新宮砂の芸術祭シバニャン正面_400

新宮砂の芸術祭妖怪ウォッチ_400

新宮砂の芸術祭柴にゃん_400

新宮砂の芸術祭ドラえもん_400

新宮砂の芸術祭ひよこ_400

伝説の砂像彫刻家が作る芸術作品とは、これのことでしょうか?!

新宮砂の芸術祭城_400

いやぁ、どうしたら、砂でここまで精巧に出来るのでしょうか?!
前の晩から作られていたらしいです!

場所が海岸ということもあり、
入り口には、万一の時のためのドクターカーも待機していたり、

新宮砂の芸術祭ドクターカー_400

物見やぐらの上や、海岸の中でも、
ライフセイバーの方々が、見守られていらっしゃいました。

新宮砂の芸術祭物見やぐら_400

比較的近くに、ER救急センターやヘリポートも備えた和白病院もありますので、心強いですね。

第一回目のしんぐう砂の芸術祭、出足が遅く、
子供たちと言えば、水遊びばかりしていましたが、
スタッフの方々の意気込みが伝わってきました。

お客さんも、とっても多かったですよ。
お子さん連れの方は、迷子に要注意!

次回もあれば、水着も持って、また家族で行きたいです^^

新宮砂の芸術祭ゾウ_400

新宮砂の芸術祭アンパンマン_400

そうそう、帰りに、西鉄新宮駅の横を再び通ったところ、
珍しい色の電車が

新宮茶色の電車_400

もうしばらく西鉄の貝塚線には乗っていないのですが、
この色の電車は初めて見ました〜。
よく走っているのかな?

スポンサーリンク


みなさん、どこに出かけているのか、人気ブログランキングで
↓チェックしてみましょう。